So-net無料ブログ作成

WOOOにしたよ! [家]

WOOO UT37-XP800W一時は「チューナー買えばいんじゃね?」というぐらい落ち込んだ、我が家の地デジ対応策であったが、結局買っちゃいました。日立の液晶WOOO、UT37-XP800の白。

大手電気店で買ったのだが、ポイント20%還元+エコポイント17,000点であった。実質支払い額は・・・という議論には、なんとなく矛盾を感じる。なお、ついでに買ったフロアスタンドには割引は全くなく、配送まで別便であったので、同日配送にこだわらないならネット上で探し回ったほうがいい。本体も値段だけ考えれば同じなんだけど、なんとなく・・・

店員曰く「東芝とか日立とか言う方は、最初からそれ狙いですね」。そうなのですよ、レイアウトフリーという言葉につられて、見た目で指名買いしてしまいました。せっかく買ったので、テレビ周りの模様替えも実施。うーん、変わったことは変わったけど・・・テレビ台の収容力もバカにできないものだな、と実感。

ただ、写真のように、窓にかかるような置き方でも違和感が少ないのはメリットかも。

なお、購入前になんとなくよく分からなくて、気になる人には気になるかもしれない項目をまとめてみた。既に発売後半年経っているモデルなんですけど、我が家的には新型テレビなんでよろしく。

  • WOOOステーション(チューナーユニット)の電源コードは直付けで、取れない。
  • WOOOステーション・モニター共に、ACアダプタではない。
  • WOOOステーション・モニター共に、主電源ボタンはなく、待機電力をゼロにしたければコンセントを抜くしかない。
  • ピンプラグによるアナログビデオ入力は1つしかない。
  • S端子は1つもない。
  • リモコンはシンプルで使いやすい(と思う)。
  • 激しくマイナーなWOOOリンクは対応する製品がほとんどないが、パナのレコーダ等とはリンクできるようだ(日立のレコーダはかつてパナのOEMだったらしい)。

まだ設置したばかりで、機能もほとんど使っていないのだが、サイズアップしたスクリーンが空中に浮いているような感覚は新鮮。背面は真っ白だが、正面は透明プラスチックにカバーされているので、銀色に近い感じ。背面はスムーズで、日立にしては、という言葉がなくても、なかなか良くデザインされていると思う。

wo_before.jpgwo_after.jpg
使用前。ブラウン管テレビは4:3の25インチ。テレビ台の中にはオーディオ、両脇にはスピーカーが置けた。厚みと奥行きのあるCDチェンジャやビデオも中央に収まっている。使用後。37インチ型だと約94センチの幅があり、テレビ台を使ってもスピーカーの置き場がない。15年以上前に買ったINNOVATORのオープンラックを持ち出してきたが、とにかく配線を隠すのが大変。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。